私が10代の時にとってもお世話になった、お世話をした?かも(笑)

DJ/ラッパー/プロデューサーのMaki The Magicことマキさんが天国に行ってしまいました。


早すぎて、びっくりして、悲しくて、何も言葉が思い浮かばないけれど、思い出だけが沢山たくさん、思い浮かんできます。

10歳以上歳が離れていたから、あの頃はとっても大人っていうか、おじさんっていうか、ダメなおじさんだなって(笑)思っていたけど

今考えると、出会った頃、マキさん28歳だったなんて。

意外とまだ若かったんだな。なんて。

幡ヶ谷の道の真ん中で、なんだか大人と子供で真剣に喧嘩をしたこともあったな。(笑)

朝の南平台デニーズでは二人でなんの話しをたっけな。。。

人の命って、本当にはかないんだな。



キエるマキュウの曲は、このブログに載せるにはハードすぎるので、今日は許してもらって

私がマキさんといえば思い出すこの曲を。

この曲とマキさんとの思い出は二人だけの秘密で。



ダメで、ちょっと気むずかしくて、変な大人だったけど、優しくて、とってもロマンチストだったり。

いつも笑顔で静かに見守ってくれる感じは、あの頃の私にはとても安心する存在でした。

幼い私に、色んな大人なことを教えてくれた、マキさん。

本当にありがとうね。

いつかまた、一緒にお酒をのんで、音楽を聞きながらあの頃みたいに、いろんなお話しようね。

どうぞ安らかに。