秋が大好きだという、大人なみぽりん。

 一方、夏が大好きな、なんてったって小学3年生な私。

 もちろん秋が嫌いな訳じゃないの。

赤や黄色に染まる美しい紅葉も、ぶどうも栗も、松茸も、秋のお洋服も大好き。

でもでも。

夏は特別。

ざわざわ揺れる、みずみずしい木々の濃い緑。

透き通る真っ青な空、浮かぶふわふわの入道雲。

照りつけるキラキラの太陽の日射し、駆け出して飛び込みたくなるようなグリーンの海。

ムンとした夜の空気。

どの時間のどの場所でも。

目に映るものも、聴こえる音も、匂いも、そしてわたしも。

生きてるー!!!って感じがして。


夏ってなんだか・・・

1日1日、瞬間瞬間、想い出を刻んでる感じ。

うまく言えないけれど、毎日が青春の空気!

だから。夏の終わりはやっぱり苦手。

秋の気配を少しでも感じると寂しくって、やりきれない。えーん。

だから今、どうにか秋の気配を遠ざけようと必死なmaiです(笑)

DSCF2633DSCF2648DSCF2717DSCF3045DSCF2879DSCF3078DSCF2864DSCF2945DSCF2963

遠くに行かなくても。

東京にもまだまだこんな懐かしい風景やきれいな水も山もたくさんあって。

目で切り取る一つ一つの風景は、なんだかすでに懐かしくて。

そんな景色の中にいると

いまこの瞬間が、懐かしくて楽しい想い出になるんだよって、言われてるみたいな気持ちになる。

夏ってそんな季節。